チビボーダーpanとのHappy-Life part-Ⅱ

littlepan2.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 30日

■日御崎灯台・神社


この日、18日は雨が降ったり止んだりの不安定な天候に加え、低気圧の接近で寒さに強風と大変な一日でした。

しかし、計画している目的地を外すことは出来ません・・・・次に目指すのは「大山隠岐国立公園」の最西端「日御崎」です!

この季節に日本海を訪れるのは初めて・・・・私の住む碧く温暖な日向灘と比べ、何と荒々しい海なんでしょう。
この地に暮らす人々の苦労と忍耐強さを垣間見る思いがしました。
b0285559_13233785.jpg
b0285559_13234546.jpg
b0285559_13235198.jpg


「日御崎灯台」に着きました・・・・強風にあおられた水しぶきが舞い体を濡らします。
b0285559_13243371.jpg
b0285559_13244250.jpg
b0285559_13245125.jpg


先に紹介しましたように、この日は風が・・・・それも体を持って行かれそうなくらいの強風の吹く一日でした。
b0285559_13253548.jpg


panママが心配なpanなのです!
b0285559_1326236.jpg


panの顔も歪みます!
b0285559_13261287.jpg
b0285559_13262084.jpg


この様子を岸壁で撮影する少女にハラハラ・・・・『危ないよ~~~!!』
b0285559_1326301.jpg
b0285559_13263857.jpg


灯台から「日御崎神社」へ・・・・
「出雲大社」と比べ朱塗りの美しい神社でした。
b0285559_13265831.jpg
b0285559_132774.jpg
b0285559_13271520.jpg
b0285559_13272257.jpg
b0285559_13273097.jpg
b0285559_13273791.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-30 14:15 | ■旅行
2013年 11月 29日

■出雲大社-③


「因幡の白ウサギ」で知られる大黒様・・・・その「御慈愛の御神像」がありました。
大黒様が背負う”袋”には私たちの苦難や悩みが入っていて、それを身代わりに背負われているそうです。
b0285559_1445782.jpg


出雲で食事と言えば”出雲蕎麦”ですよね~・・・・神門通りのお蕎麦屋さんでお昼をいただきます!
b0285559_14455790.jpg


「出雲大社前駅」です・・・・リニューアルさてれきれいな駅になっていましたよ。
(大正ロマンを感じる「旧大社駅」を見る時間がなかったのが残念です!)
b0285559_1449118.jpg
b0285559_1449691.jpg
b0285559_14491194.jpg


水道か何かのマンホールでしょうか・・・・? 「八岐大蛇」のデザインに目が留まります。
b0285559_14503858.jpg


そのマンホールから目をあげると素敵なお店がありました・・・・中を覗きます!
b0285559_14511066.jpg

b0285559_1844212.jpg
b0285559_1844954.jpg


中には”火鉢”が置いてありました・・・・その暖かさに心がホッとします。
b0285559_14515696.jpg


小物雑貨のお店ですが、宮崎(都城)の方が作られた七宝焼きの作品もありました。
ついつい話が弾みます・・・・『宮崎から14時間かけてやって来た』と話したら店の方がビックリ!
「宮崎⇔島根」は遠いです!
b0285559_14563052.jpg
b0285559_14563668.jpg
b0285559_14564170.jpg
b0285559_14564611.jpg


お昼を食べてばかりですが、「甘いものは別腹」といいます・・・・
甘~い香りに誘われて、そば粉を使った”お焼き”の店に立ち寄りました。
・・・・これ、美味しかったなぁ~!
b0285559_14594469.jpg
b0285559_14594954.jpg
b0285559_150713.jpg


お昼を食べるために車待機をさせているpanが気がかりです・・・・

車に戻り広っぱでトイレを済ませ次の目的地へ!
 
今日は予定がビッシリです。 急いで移動しないと時間が足りなくなります。
b0285559_1532994.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-29 15:09 | ■旅行
2013年 11月 28日

■出雲大社-②


「御本殿」の裏に来ました・・・・

出雲大社は日本でも最も古い神社建築様式の「大社造り」で造られ国宝でもあります。

千木・勝男木の「黒」と破風の「緑青色」、それに檜皮(ひわだ)の「茶」のコントラストは
どの方角から見ても実に美しい!
b0285559_14182759.jpg
b0285559_14183299.jpg
b0285559_14183777.jpg
b0285559_14184453.jpg
b0285559_14184911.jpg


何故か括られた「おみくじ」まで美しく、神聖に見えます・・・・
b0285559_1420639.jpg
b0285559_14201117.jpg
b0285559_14201836.jpg
b0285559_14202448.jpg


左側の「十九社」で神事が執り行われていました・・・・
b0285559_14215988.jpg
b0285559_1422580.jpg


「御朱印帳」に記載してもらう場所も長蛇列です・・・・
b0285559_14321737.jpg


屋根の「檜皮」もこんなに厚いんですね~驚きました!
b0285559_14334465.jpg


「八足門」・・・・これから中にはペットは入れません。
また、奥の「ご本殿」の撮影も禁止・・・・交代でお参りし出雲大社独特の「二礼四拍手一礼」の参拝を行います!
b0285559_14363542.jpg
b0285559_1436401.jpg
b0285559_14364795.jpg


参拝を済ませ神楽殿へ回ります・・・・

正面に日本最大級の「大注連縄」が見えます!
b0285559_14393229.jpg
b0285559_14393725.jpg
b0285559_14394336.jpg
b0285559_14395366.jpg
b0285559_1440194.jpg
b0285559_1440999.jpg
b0285559_14401572.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-28 14:46 | ■旅行
2013年 11月 27日

■出雲大社-①


キャンプ場から約1時間・・・・出雲大社「一の鳥居」が見えてきました!
b0285559_12543088.jpg


駐車場に車を停め「神門通り」に出ると、正面に勢溜の「二の鳥居」が現れました・・・・
b0285559_12584236.jpg
b0285559_12584718.jpg
b0285559_12585211.jpg


平日(月曜日)にも関わらずこの人出です。60年に一度の「大遷宮」が影響しているのでしょうかね~・・・・
b0285559_1303280.jpg


「祓橋(はらえのはし)」で記念写真を!
b0285559_132040.jpg


「三の鳥居」をくぐり「松の参道」を進みます・・・・
b0285559_1324831.jpg
b0285559_1325359.jpg


「手水舎」でお清めです・・・・もちろんpanもね!
b0285559_1344683.jpg
b0285559_1345314.jpg


最後の鳥居、「四の鳥居」から拝殿(御仮殿)へ・・・・
b0285559_136209.jpg
b0285559_1363031.jpg
b0285559_1364049.jpg
b0285559_1364653.jpg


右側の「十九社」に進み「御本殿」を一周します。
b0285559_138611.jpg
b0285559_138121.jpg
b0285559_1381873.jpg
b0285559_1382511.jpg
b0285559_1383227.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-27 13:12 | ■旅行
2013年 11月 26日

■出雲に向けて・・・・


持参した寝袋にくるまり、その上からキャンプ場で借りた寝袋をもう一枚はおり暖かく過ごせた夜・・・・
panも脇のベッドでぐっすりでした。

ところが、やはり外は今日も雨・・・・それでもpanのトイレは欠かせません。
カッパを着せキャンプ場内を一周です!

今日は予定がビッシリ、8時にはキャンプ場を出たいことろです。
朝食は石見銀山散策の時に大森のパン屋さんで購入した米粉を使ったパンです!
b0285559_1344484.jpg


誰よりも早く朝食を済ませたpanですが「お裾分け」を狙っています・・・・
b0285559_13445433.jpg


ではでは「おやつ」を・・・・
b0285559_1346414.jpg
b0285559_13464693.jpg


『発つ鳥あとを濁さず・・・・』荷物を車に詰め込み掃除機をかけます!
b0285559_13481855.jpg
b0285559_13482496.jpg


着替えを済ませたpanですが、ベットにあがり憂鬱なそぶりです・・・・
長時間の車移動を嫌ってるんでしょうね~
b0285559_13495326.jpg


天候が回復してくれることを祈りながら山路を急ぎます!
b0285559_13504767.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-26 13:53 | ■旅行
2013年 11月 25日

■トレーラーハウス


夕刻に近づき気温も”グッ”と下がってきました・・・・寒いはずです、外気温は4℃ですから!
b0285559_1231525.jpg


いつしか雨は”みぞれ”に変わりました・・・・
b0285559_1232665.jpg


石見銀山は山間部 
この近くで宿・・・・特にペットOKの宿泊場所を探すのは困難です。
そこで銀山からは少し離れますが、事前予約していたのが邑智(おおち)にあるオートキャンプ場のトレーラーハウスでした!

中はこんな感じです・・・・広いですよ~
b0285559_12361868.jpg

b0285559_1236331.jpg
b0285559_1236413.jpg
b0285559_12365719.jpg
b0285559_1237368.jpg


今夜、私たちはこの二段ベッドで寝ます・・・・
b0285559_12373595.jpg


そして~panはと言うと、脇のソファーに寝てもらいますよ~
うまく寝れるかな!?
b0285559_12383070.jpg


洗面所にトイレやシャワーも完備・・・・レバーをひねればすぐにお湯が出ます。
また、暖房はエアコンに、床暖房(ガスで吹き出し口が4~5ヶ所あります)があしてあります。完璧です!
b0285559_12412560.jpg
b0285559_12413094.jpg
b0285559_12413577.jpg

b0285559_12421096.jpg


初日は誰に遠慮することなく寝れるね~pan!!
b0285559_12425375.jpg


・・・でも、当然食事はありません

近くの施設(ゴールデンユートピアおおち)で夕食と温泉でリフレッシュ・・・・
今夜はイノシシの焼き肉をいただきました!
b0285559_1245208.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-25 13:27 | ■旅行
2013年 11月 24日

■「地底の森」


突然現れる円形の建物・・・・何だか分かりますか?
規則的に入口が三方にあります!
b0285559_8214458.jpg

b0285559_8223466.jpg


ここは「三瓶小豆原埋没林(さんびあずきはらまいぼつりん)公園」・・・・

4.000年前の「太古の森」と出会える場所です。
b0285559_9304882.jpg


早速中に入ってみましょう!
b0285559_9322089.jpg


そこには驚きの「地下空間」が広がっていました。
b0285559_9322427.jpg


1983年、水田の整備事業の際、地中に直立する一本の巨木が発見されました。
掘れども掘れども続く幹・・・・・『不思議な木だなぁ~』

1998年、本格的な発掘調査が行われました。
すると、水田の下から1本の巨木が姿を現しました・・・・さらに周囲を掘り広げると次々に巨木が現れ、
地下に「森」が存在することが判明したのです。

世界でも例を見ない巨大な地底の森は「三瓶小豆原埋没林」と命名されました。
b0285559_950495.jpg

b0285559_9411941.jpg


巨木の掘り起こしと同時に放射性炭素を使った詳しい調査が行われた結果、
年代測定は、森が4.000年前に埋もれたことを示しました・・・・

これは、三瓶火山の最後の噴火と一致します。 地層からは様々な情報を読み取ることが出来ました。
小豆原の谷に土石流が流れ込み、木々は倒されず耐えたこと・・・・
この後で火砕流の直撃を受けたことなどが明らかになります。

木々の根元には落ち葉の層が残り、そこからは当時森に住んでいた昆虫の羽などが沢山見つかりました。
樹種は大半がスギでトチノキ、ケヤキ、カシの仲間などが混じる森だったことが分かりました。
b0285559_950538.jpg


根元まであらわになった巨木の迫力は予想を超えるものでした!

大きなものは根回り約10m以上に達し、生きていた時の推定樹高は約50m・・・・
何百年もの時間をかけ木々はゆっくりと成長し、深く鬱蒼(うっそう)たる森を作っていたのです。
b0285559_9564595.jpg
b0285559_9565276.jpg


ここ、「三瓶小豆原埋没林公園」では地底の森が発掘したままの状態で展示されています。
それは「縄文」のタイムカプセル・・・・

地下への階段を下りると、太古の巨木地底林が目前に広がります。
4.000年前の自然が育み、火山が閉じ込めた「奇跡の森」・・・・耳を澄ますと太古の自然の鼓動が聞こえてくるようです。
b0285559_1015417.jpg
b0285559_1015920.jpg
b0285559_102423.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-24 10:11 | ■旅行
2013年 11月 23日

■群言堂


「石見銀山」を訪れる過程で欠くことの出来ない場所のひとつが、ここ「群言堂」さんです!

この10年ほどで都会の有名デパートにも出店するなど知名度を上げてきました。
また、その「衣・食・住」の作品を創りだす過程や集団生活・・・・特に食事のスタイルなどはメディアなどでも
度々取り上げられており、ご承知の方も多いことでしょう。

島根でも山間部に位置する「大森」に大きく貢献する地元企業であることは間違いありません。
b0285559_10593637.jpg


季節ごとに変わるディスプレイも「クリスマスバージョン」になっていました・・・・群言堂独自の世界観です!
b0285559_1112169.jpg


時刻は1時過ぎ、先に昼食をとります・・・・
b0285559_11328100.jpg
b0285559_1133460.jpg


と、テーブルの上に”財布”が・・・・
b0285559_1135840.jpg
b0285559_114579.jpg


何とこれが「メニュー表」でした・・・・憎い演出です!
b0285559_1151010.jpg


「一汁一穀定食」
b0285559_1173514.jpg

b0285559_1181647.jpg


「畑のカレー 」
b0285559_11854.jpg

b0285559_1182595.jpg


それぞれに好みの飲み物が付きます・・・・

「ブルーベリー酢ヨーグルト」 
b0285559_1185719.jpg


「豆乳チャイ」
b0285559_119392.jpg


お腹が満たされました・・・・ではでは店内を見て回りましょう~
b0285559_11102152.jpg


「食」
b0285559_1110464.jpg
b0285559_11105175.jpg
b0285559_11105869.jpg
b0285559_1111321.jpg


二階へ・・・・

「住」
b0285559_11112467.jpg
b0285559_11112829.jpg


「衣」
・・・・(オリジナル作品が多いため写真はありません)

実は娘の大学時代の友人がここで衣服のデザイナーをしています・・・・
会って帰ろうと思い名前を告げると、生憎今日はお休みでした。残念です!

中庭にも可愛い演出が・・・・どこまでもナチュナルでセンスの良さを感じます。
b0285559_11195420.jpg
b0285559_11195993.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-23 11:27 | ■旅行
2013年 11月 22日

■石見銀山


宮崎から14時間かけてようやく到着した先は”歴史が息づく”世界遺産「石見銀山遺跡」です!

まずはpanの散歩です。可哀想ですが、この後は車待機をしてもらいます・・・・
b0285559_13423586.jpg
b0285559_1342417.jpg


縦に長い町並み移動には自転車が便利・・・・”電動自転車”をレンタルし奥の「間歩(まぶ)」を目指します。
※「間歩」=銀鉱山を採掘するための”坑道”
b0285559_13482764.jpg


自然豊かな山道の周辺には寺社も残っています・・・・
b0285559_13534463.jpg
b0285559_13535182.jpg
b0285559_13535749.jpg


大小600余りが点在する「間歩」ですが、その中でも最も大きな坑道「龍源寺間歩」に到着しました。
b0285559_1357459.jpg


先人の高度な技術と情熱に思いを馳せ間歩に入ります・・・・
b0285559_1404354.jpg

b0285559_144694.jpg


手作業で開かれた坑道には多くのノミの跡が残ります・・・・当時の努力と技術に熱い職人魂を感じます。
b0285559_1435867.jpg

b0285559_1431718.jpg


「龍源寺間歩」を出て大森に帰って来ました・・・・

高野山真言宗”石室山”「羅漢寺」は、銀山で働いて亡くなった人々の霊や祖先の霊を供養するために建てられたお寺です。
b0285559_14102291.jpg
b0285559_14102768.jpg
b0285559_1410334.jpg


反り橋を渡り「五百羅漢坐像」が安置される石窟に入ります・・・・
※「五百羅漢」=お釈迦様に従っていた五百人の弟子

(世間一般の感情や欲望等をすべて捨て超越しているのが仏、菩薩の境地には未だ達せず
我々人間と仏との間の存在と言われています)
b0285559_14182172.jpg
b0285559_14182810.jpg


自然環境と共存する産業遺跡として評価された世界遺産「石見銀山」
その町並みを巡り歩きます・・・・
b0285559_14221293.jpg
b0285559_14222048.jpg

b0285559_14231690.jpg

b0285559_14222625.jpg
b0285559_14223273.jpg
b0285559_14223720.jpg
b0285559_14224259.jpg
b0285559_14224793.jpg

b0285559_1423435.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-22 14:27 | ■旅行
2013年 11月 21日

■山陰へ出発


3泊4日の「山陰」の旅から昨夜帰って来ました・・・・

延べの走行距離は1.822km・・・・いや~疲れた!
例のごとくこれからしばらく「旅行記」が続きますが、どうぞお付き合いください。

では、序章から・・・・

16日の午後10時に宮崎を出発
1時間ほどの仮眠を3度繰り返すと「美袮」あたりで朝日が射してきました・・・・
b0285559_19131914.jpg


トイレタイムを兼ねてドックランでpanを解放します!
b0285559_19144414.jpg
b0285559_19145013.jpg
b0285559_19145662.jpg


「中国自動車道」から「浜田自動車道」に入り「大潮IC」で高速を下り、261号線を北上・・・・「道の駅 瑞穂」で休憩です!
b0285559_19285449.jpg


と・・・・ここで幸先の悪い「不運」が待ち受けていました!
駐車場にバックで止めようとして大きな樹木に『ゴトン!』・・・・あちゃ~塗装が剥がれたよ~!!
※植木は無傷です!

上の丸の部分に当たり、下の部分まで塗装が剥がれてしまった。
何だか「凹む」なぁ~・・・・
b0285559_19281034.jpg

[PR]

by littlepan-2 | 2013-11-21 19:28 | ■旅行